アトリエ藍松 画家 吉野隆章
(よしのたかあき)のホームページです。

 吉野隆章 in 2003.

改組 新 第2回 日展(2015)入選 「 薬剤師 吉野隆章 」



改組 新 第1回 日展(2014)入選 「 薬剤師 吉野隆章 」



 第45回 日展 入選 「一人(自分)」



第45回日本美術展覧会(日本画/洋画/彫刻/工芸美術/書)
会場 国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
会期 平成25年11月1(金)〜平成25年12月8(日)
観覧時間 午前10時〜午後6時 入場は午後5時30分まで、
休館日 毎週火曜日

 日展 Web-Site.




平成25年12月1日(日)友引、第45回「日本美術展覧会」観覧後、
東京都港区六本木、国立新美術館正面、オープンカフェにて、
展望する 吉野隆章画伯。

  




       

第40回日本美術展覧会
会場 国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
会期 平成20年10月31(金)〜平成20年12月7(日)
観覧時間 午前10時〜午後6時 金曜日は、午前10時〜午後8時
休館日 毎週火曜日

 日展 Web-Site.

 


画 家 Artist.

     吉 野 隆 章    Takaaki Yoshino.   


1996 第28回 日展 入選 「やきとり一隅」 
1998 第30回 日展 入選 「やきとり一隅」 
1999 第31回 日展 入選 「やきとり一隅」 
2002 第34回 日展 入選 「一人」 
2008 第40回 日展 入選 「休息」 
2013 第45回 日展 入選 「一人(自分)」 


2014 改組 新第1回 日展 入選 「薬剤師 吉野隆章」 
2015 改組 新第2回 日展 入選 「薬剤師 吉野隆章」 


 

薬剤師 吉野隆章(よしのたかあき)

東光会 「会友」

画 号  「藍 松」

千葉大学 「薬学修士」

ニックネーム 「仙人」



2015 薬剤師 吉野隆章(よしのたかあき)

 吉野隆章セルフポートレイト2003


第69回東光展開催
会期:2003、4/23(水)〜5/7(水) 9:00〜16:30 会場:上野公園内東京都美術館 03-3823-6921
「皆様のご来観、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。」 藍松

第69回東光展「会友賞」受賞作品 続 「一人」



 69 東光会 会友賞 続「一人」

61 東光会 銀河堂賞 「やきとり(1)」



 画家 吉野隆章(よしのたかあき)プロフィール


 アトリエ藍松 


            


E-mail to ' Aomatsu.'


アトリエ藍松 画家 吉野隆章 作品集

第30回 日展 入選 「やきとり一隅」

第31回 日展 入選 「やきとり一隅」

 第34 回日展 入選 「一人(ひとり)」

 第40 回日展 入選 「休息」

「絵をかく事は生きることに値するか」 吉野隆章



「青年(2007)」 吉野隆章



「静物B」 吉野隆章



「静物B」 吉野隆章

創作解説

物質の一面を描いている。
物質は生々変化している。
私は、物質の変化を自分の醒めた目で、
冷静に見つめて表現したかった。
美画でなく信画を追求したかった。
人は誰でも「美」は常に美であると考える。
しかし、美は同時に「醜」でもあると思う。
「醜」の中にこそ信の「美」が存在すると思う。

「チェルノーゼムの夢」 吉野隆章

 

  「表紙挿絵」 


アトリエ藍松 画家 吉野隆章
(よしのたかあき)のホームページです。

 

平成20年11月23日(日)勤労感謝の日(大安)、第40回「日本美術展覧会」観覧後、
東京都港区六本木、国立新美術館正面、オープンカフェにて、くつろぐ吉野隆章画伯。







平成25年12月1日(日)友引、第45回「日本美術展覧会」観覧後、
東京都港区六本木、国立新美術館正面、オープンカフェにて、
回想する 吉野隆章画伯。

    


 東洋医学記念館 アトリエ藍松 ホームページ 管理人

 



inserted by FC2 system